35
「いまーじーん!」



おひさしぶりです~。更新停止してましたが、一応生きてまーす。
ちょっとグチ半分ですが、持ち時間30分で講師をやれとの業務命令がけっこう突然に下りまして、ここしばらく原稿用紙と格闘しておりました。
ココロに余裕が無いと、時間あってもブログってできないもんですね;
家に帰ってまで文章作りたくないっていうか・・・・

ま、それはさておき。
今回はコトブキヤより絶賛発売中、「盛れるピングドラム」ですよー。
山盛りペンギンと冠葉&晶馬、もちろんプリクリ様もあるでよ♪

と、いうわけで中身は続きからどうぞ!
01
今回はブキヤこと壽屋より発売中の「盛れるピングドラム」をBOX買いしたんで、とりあえず開封祭りすることにしまーす。


02

見てのとおり、中に12箱入ってます。
定価は1箱525円なり。
・・・ん?


03
あれ?
「全13種」だと・・・ 


04
どうやらレア(エスメラルダ)がある模様。

実はコレ、amazonで予約開始直後に予約したから、実際にモノが来るまでこういう小箱バラ売りの商品ってことを把握してなかったんですわ・・・で、かってに今は亡き「きゃらめにぃ」シリーズ的な、ひと箱全部入りだと思ってたと。
なので、「全13種」を見たとき、正直冷や汗が。1BOXで全部揃わねぇじゃん!って。
ねんぷちまどかみたいに、基本的に1BOXで全部揃う仕様じゃなかったらこれ出費やべえな、と。 
もしくは、基本的に1BOXで全部揃う仕様なのに、冷静に見れば別にいらんレアのエスメラルダが出たばっかりに、プリクリ様、冠葉、晶馬が欠ける、なんて事態になったら、これまた怖いなと。

まぁ、ゴチャゴチャ考えててもしようがないので、とにかく開封するぜ!
一応、箱の一番左上から右下に向かって、横に開封していくので参考まで。


05
っと・・・いきなりプリクリ様キタ!!! 


0607
ちっちゃいけどちゃんとプリクリ様してます。
いいねいいねー。衣装とか細かいとこまで良く再現してあるし。
可動はないけど、この大きさでこの出来ばえはうれしいなー。


081
続いて3ちゃん



082
ペンギンはまぁ形も単純だしね、今までに出たねんどろ版、figma版とそんなに変わりはないかな。
可動は一切ないけど。


083
アクリル板とシールはこれでした。

さあどんどん開けるよ!


084
続いて2号
・・・まぁペンギンです。


085
3ちゃん表情違い。
シールがWH!


09
2号表情違い。



10
3ちゃん表情違い。
はやくも3ちゃん無事コンプリート!

いまの所カブリは無いから・・・これは1BOXでノーマル全部揃う良心仕様ってことでよろしいか?


11
2号コンプリート!
1号が出ないのが気になる・・・



12
よっし!1号キタ!
・・・これで2/3開封したのに冠葉と晶馬がでてませんが;
あと塗りがなんだかキタナイぞ!


13

っと・・・ようやく晶馬キタ!!!



14
プリクリ様もなかなかよかったけど、晶馬もこの大きさにしてはよく頑張ってるんじゃないかと。


 
15
 うしろ。
「アッー!」な感じ。

・・・どんな感じや。


16
「盛れる」のがコンセプトだから、こういうポーズなのも仕方ないけどね。
ねんぷちとかでピンドラの登場人物でないかなー。



17
下から見るとこんな感じ。
なにはともあれ、あとは冠葉さえ出てくれたら、他はカブろうがレアだろうがどうでもいいよw

てなことを考えてたら・・・


18
はい、冠葉でたー!
あーよかった~。これで一安心。

冠葉も、ちっちゃいなりに表情はよく再現されてると思うですよ。

19
冠葉にしても晶馬にしても、頭とポーズの関係上、基本的に前重心なんだけども。
この冠葉の前重心は極端。。。やけにつかれる姿勢を取っておられます。

この極端な前重心が、後々問題になることに。


20
アッー!その2。



21
ひっくり返して裏側。

あーもう気が楽になったw
というわけでさっさと残りを開封。


22
23
残りは1号2体!
これにてレア無し、1BOXでノーマルコンプ完了!

最初に全13種のラインナップ見たとき、「ペンギンの表情違いとかいいから、人物出せ人物!」とか思ったんです。苹果とか真砂子とか、さらには眞悧とかいくらでもネタあるだろうと。で、レアを桃果にすると。 

けど実際そういうラインナップだったら、レア出すまでにいくら出費がかさむか想像を絶するので 、結果的にはこれでよかったなと。

39
大きさ比較ー。
ねんぷちさやかと並べるとこんな感じです。
かなりちっちゃい。

・・・これ300円ガチャクオリティだよね?定価一緒とかマジ?
なーんてこと言わないようにねっw
 


231
・・・もちろん、よいこは決してゲスい想像なんてしませんよねー。 




24
んじゃま、とりあえず盛るよー! 


25
よいしょ、よいしょ 


26
フンフンフンフンフン!


27
冠葉「さあ乗るぞ!」
晶馬「なんだか2段目パネルの傾きが怪しいけど・・・」 


28
ドンガラガッシャーン!!! 
冠葉・晶馬「・・・・・」 

2体を載せる前に自然崩壊しました;


29
ではリベンジ! 


30
晶馬「冠葉ー!は、早く来てくれ~;;;;;」
冠葉「今回はいけそうだな!」 



31
冠葉・晶馬「・・・・・・・・・」 

極端な前重心のせいで、これ以降冠葉を盛るのが鬼門に。


32
冠葉・晶馬 「よっしゃあ!さあこい陽毬ぃー!」
プリクリ「ふん・・・そなたらを足場とするのも、たまには悪くないか」


33
ガッシャーン!!! 
冠葉・晶馬 「ひ・・・ひま、り・・・ガクッ
プリクリ「やはりいつものペンギンとは勝手が違うな」

・・・というわけで、この後30分ほど盛っては崩し、盛っては崩しの繰り返し。
工作精度の関係なのか、普通にペンギン並べてアクリル板載せてもバランス取れないこと多し。
バランスの取れる組み合わせを試行錯誤して2段目まで積み上げても、今度は冠馬の前重心がネックで微調整が必要になり・・・といった作業が延々と続いたのでした。

しかしとうとうその時は来まして・・・
34
完成!イマージーン!!! 


36
 バァーン!(効果音)


37
盛れたよ!無事盛れたよぱちゅりーさん!
パチェ「はいはいわかったからしずかにして貰える?」


割と苦労したんですよ、マジで・・・
最終的には、整列状態で盛るのを断念して、一段目のペンギン3体で一枚のアクリル板を支える形で妥協となりました。冠葉・晶馬・プリクリ様のバランス問題は、禁じ手ですがあらかじめ3体を積んでから、そのまま持ち上げて2段目の上に載せる形にしました。
やっぱり冠葉が前重心すぎてそのまま一体ずつ積むのムリゲーだったんですよ;

38
「スイマセン、ねんどろ版ください」
「あと単品でfigma版も」

「まいったな・・・ペンギンとペンギンとペンギンでペンギンがダブってしまった」

ちなみに大きいのがfigma、小さいのがねんどろ。


40
と、いうわけで、 
「盛れるピングドラム」これにて終了!

まあ・・・なんと言いますか、冠葉・晶馬のミニフィギュアが手に入るという一点において、このシリーズは価値があるんだと思います。出来は悪くないんだけど、正直、525円は高いなと。自分みたいに予約買いしてるような人以外には、ちょっと訴えるものが弱いというか。これがペンギン主体じゃなくて、人物主体のラインナップになってたら、多少高くても買おうかな、となるのかもしれないけど。いやそれでも高いか。
それから開封後の「盛り」、つまりバランスゲームは、なかなかに苦労させられます。これは「遊び甲斐がある」と捉えることもできるかな。ただ、バランスゲーム用のコマとして使うことを前提にするなら、もう少し工作精度を上げていただきたいところですね。
というわけで、個人的にはなんだかいろいろと惜しいな、って感じです。ま、割引価格で入手してるし、1BOXでノーマルコンプできたから、「こまけぇことはいいんだよ!」ってことで!ペンギンいっぱいでかわいいし!


と、いうわけで今回はこのへんで。
また次回も、よろしくお付き合いくださいませ!

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ  
よろしければ、ワンクリックお願いします!