01
トモエ「あら、お呼びかしら?」

トモエ
「盛大にかぶってますね・・・」
トモエ「・・・肉のカーテンw」




・・・・・えーと。

ごぶさたです!最近仕事が終わる気がしない、せとたまです。
ねんどろ、figma周辺のニュースや、いろんな小物情報などなどから、静か~に取り残されてる感がすごい今日この頃。。。アルティメットまどかとか、ミクダヨーとか、気になるものはとりあえず予約してココロを慰めております。最近は空き時間にスマホで太鼓の達人やってみたり・・・ああ我ながら枯れてるなぁ。

更新の度、記事紹介いただいているAsahiwa.jpのあさひわさんとか、記事を取り上げていただいたり、ブログ紹介してくださったりとお世話になってるふぃぎゅる!さま、玩具不十分さま、しむぴちの「おもちゃ屋」さんさま、他リンク頂いてるみなさま、お礼もお返しもできてなくて申し訳ないっす;
現在の低空飛行を抜けましたら、できることからコツコツとお返しさせていただきます~。


と、いうわけで、ひさびさの記事は以下からどうぞ~。
0203
今回は ねんどろいど トモエ を取り上げてみました。
登場作品はゲームブック『クイーンズブレイド』。 
これ、対戦型ゲームブック というジャンルらしいですね。今ウィキから情報得ましたw

クイーンズブレイド系のねんどろいどって、結構見かけるんですけど、実は『クイーンズブレイド』 のネタ元が何なのか、このトモエを買うまでまーったく知りませんでした。さらっと調べただけでも、ゲームありーのアニメありーのコミックありーので、ぱっと見、何からこんなに派生したのか全然わかんない状態ですよねこれ。

それはさておき。なんでいまさらトモエ×2を購入したかと言うと・・・安かったからです。
最強の購入理由です。
ちなみに127a、127b合わせて、野口先生2人でお釣りが来るという破格値(もちろん未開封)でありました。

まぁぶっちゃけクイーンズブレイド系のねんどろって良く投げられてる お値打ち価格で購入できるので、サイフにやさしいジャンルですね。

04
なかみ。
左が127a、右が127b
1Pカラーと2Pカラーだそうで、なるほど色違いになってます。あとは2P側にダメージパーツ有り、と。
額のハチガネは表情パーツと一体化してます。と、いうことは表情パーツを他に流用しづらいってことですね・・・


05
並んでいただきました。
由緒正しい1P・2Pキャラって感じです。髪の毛の色も、実はわずかに違います。


0607
08

回します。
こうして見ると、フツーーーーの巫女ですね。ちょっとハチガネがごついくらいで。 


09
だがしかし!
彼女の正式名称?は「武者巫女 トモエ」 となっておりまして(今ウィキで調べた)、武者の名に恥じない刀と、巫女であることのアイデンティティ?を示すオフダが付いてきます。
この刀、「名刀 クチナワ」という名前が付いております。
「クチナワ」といえば「千石撫子」を思い出しますねぇ。


10
トモエ「いざ尋常に勝負!」
セイバー「我が一撃、受けきれるか!」 

すみません、どっちも原作知りませんw
しかし・・・こうして並べてしまうと、動きが固いトモエに対して、10thアニバーサリー・セイバーの自由度が際だちますなあ。
このセイバーは遊びの幅がたいへん広くて良いねんどろですよねー。

11
続いておフダです。
ちょうど、ジャンケンの「チョキ」をしているような専用の腕パーツが付いているので、そこにおフダを挟み込みます。
???「あー、そんなお札じゃダメダメー」 



12
 霊夢「ここ(幻想郷)じゃあそんなおフダ役にたたないよ!」
「そこで!今だけ、今だけ特別に!霊験あらたか、博麗印のこのおフダを一枚1000円でゆずってあげちゃう!」

・・・巫女つながりってことで。


13
巫女つながりついでに、腕パーツの一部は霊夢と互換アリです。
博霊アミュレットとか放ちそうな感じで、これけっこういいなと。 



14
もちろん、逆に霊夢のパーツをトモエに持たせる、付けることも可能です。
オオヌサ持たせたら、いよいよただの巫女ですな。



 15
表情パーツ交換。
1P・2P、どちらも表情は2種(ほほえみプラス1)と、ちょっと寂しい内容。
一応、127bの「ダメージ表情」はレアパーツなんだろうけど、ハチガネのせいでほぼ専用パーツと化しているのが痛いところ。 


16
続いてボディ交換。
1Pの「晒しボディ」に加えて、2Pでは「ダメージはかま」がついてます。


17
晒しボディですが、なんといっても胸がえらいことになってます。



18
 すき家的な表現だと「メガ盛り」ですメガ盛り。



19
2P版はダメージはかま、ダメージ表情と組み合わせてニヨニヨしてください。
元々付属している腕パーツではたいしたポージングもできませんので、ねんどろいど ナギ  から腕パーツを拝借してみました。


20
これまたちょうど都合よく?ダメージを受けましたなぁw



21
ダメージ部分から中身が見えちゃいます。

まー、なんというか・・・
・・・そもそも、こういうのをねんどろいどに求めてる層って、けっこう少数派なんじゃないのかな、と。
あえてニッチを狙いにきてるんですかね。ヤボだったですかねぇ。
 

22
ハカマをすぱーんと取ってしまいますと、中身はなんと「ふんどし」となっておりまーす。
よーく見ると、シワというかスジというか、そんなとこまで造形されてます。

この下半身パーツは、上半身との間に、ハカマを挟み込む前提で作られているので、この「ふんどし」は、わざわざハカマをキャストオフするか、ダメージパーツのスキマから目にしない限り、見えない部分となってます。
正直、ここまで拘るんだったら、直接晒しボディに繋げられるようにすればよかったのになあ。


23
最後は巫女ねんどろ(一部巫女でない)を並べて。
ねんどろいど トモエ これにて終了です。


んー・・・なんというか、安いには安いなりの理由が・・・って感じがするかなぁ・・・と。
もちろん、基本的には「原作を知ってる」人が買うねんどろな訳ですんで、原作知らない自分の評価なんてあんまり役に立たないと思いますけど。
それを踏まえた上で、いくつか惜しいと思った点を挙げると、

1.表情パーツ少ない
2.動きの自由度が少ない
3.表情パーツの使い回しが難しい

といったところでしょうか。
このうちどれか一つでも改善されていれば、原作を知らない層にも売れそうなのになぁ・・・と思うんですけどね。

とはいえ、この「トモエ」も可愛いことは間違いないので、お安く手に入るようでしたら、「和のねんどろ」もしくは「巫女ねんどろ」のひとつとして、お迎えしてみるのも良いんじゃないでしょうか。


24
トモエ「あー、胸がおおきいと肩が凝るわあ~」

ほむら「その胸の風船、私が割ってあげる・・・」


と、いうわけで今回はこのへんで。
また次回も、よろしくお付き合いくださいませ!

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ  
よろしければ、ワンクリックお願いします!