001




002



003




004



005

いつもながらご無沙汰してます!
今回は ねんどろいどぷち ことりちゃん になります。
「WORKING!!」やっぱり面白いですねー。大好きです。
もちろん11巻も予約購入しました。
で、内容はと言うと、なんかいろいろ山場感ががが。もしや次巻が最終巻なのか!
と思ったら、それは最後に否定してあったのでひと安心。
もう少しワグナリアの愉快な面々を楽しむことができそうです。
ではまあさっそく。



006
ねんぷちことりは初回限定特装版に付いてきます。
そして、今回も山田型しおり付き。ただし山田は山田でも山田(兄)ですが。



007
早速開封~!
ねんぷちサイズにもかかわらず、「しぶしぶやっている」「実は男の娘」といった、キャラのキーとなる情報がしっかり読みとれるじゃないか! 


008
写真少ないから縮小せずに回すし!
左耳の前部分、これ塗料ハネかなぁ・・・
一部違う色のスポットがありました。ま、せとたま的にはたいして気になりませんが。 


009
髪の毛(カツラ)は山田の私物・・・
「メイク道具とか変装に使う物は全部持ってます」(山田談)
11巻でも少しずつ明らかになってはきましたが、山田は相変わらずよくわからないキャラです。
単行本カバー裏も必見。鈴木www



010
「男の娘」ネタは既に市民権を得ている分野ではありますけど、実はせとたま的にはあんまり好きじゃないネタだったりします。
ほんとどうでもいいっすね。すみません。 
せとたまが男の娘ネタ好きだろうがそうじゃなかろうが、ことりちゃんねんぷちがかわいいことに違いはないので!


011
左手のトレイにはコーヒー。




012
 やっぱりことりちゃん一番の見どころは顔です。
キャラ設定が頭に入っていることが前提になるでしょうけど、しっかり「男の娘」してる。
寄ると山田の施したメイクも読みとれます。

ねんぷちとしては、リボンの塗りがにじんでるのが気になるかなぁ、という程度で。おおむね満足。

013
りりしい・・・
この角度だと、だいぶ「男」寄りかな。

原型制作は「あげたゆきを」氏です。あげた氏はねんどろいど「綾崎ハーマイオニー」の原型もやってますね。
「綾崎ハーマイオニー」は、原作画の男女描き分けは非常に微妙(すみません私の主観です)であるにもかかわらず、ねんどろいどはどう見ても「男の娘」としか言いようのない完成度(褒めてます、すごく。)でした。
「女の子にしか見えない男の子」なんていう、ビミョーなキャラを、立体でこんなに上手に表現できるってすごいなぁ・・・と感心したものです。今回のことりちゃんも、「綾崎ハーマイオニー」と同じ感動を覚えてます。


014
胸。パッド山盛り!
リボンのにじみは・・・ねんぷちだしまぁこんなもんでしょ!



015
下から~。

中身は薄水色のドロワーズ。


016
ついでに後ろからも。

これで今回はお終いです。
と、いうわけでねんどろいどぷち ことりちゃんでした!


おまけ① 冒頭の続き
017
ビッグライト。
かたなし君が縮み過ぎていることはスルー。
種島ぽぷら巨大化については大怪獣ポプラノドン大巨人ポプラドンがいることに注意。
(何を注意するのか知らんが。)


おまけ② 魔がさしてガチャってしまった
018
正しくは「ことりちゃん」 なんですよね。思わず漢字使っちゃいましたけど。


それではまた、次回もよろしくお付き合いくださいませ!

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ  
よろしければ、ワンクリックお願いします!