DSC01638

「今日もいい天気ネー!先代もこの空を見ていたと思うと・・・感激デース!」


ご無沙汰です。日付によると最後の記事をアップしたのが二年半前と、放置しまくり。
今回は画像整理を兼ねて久々に。もう記事作成の方法忘れてて、画像アップだけでてんやわんやです。

で。何が「聖地巡礼」かというと。1890年のエルトゥールル号遭難事件と、それに伴う金剛(初代)のトルコ行に掛けてみました。120年以上経った今、初代の名を継いだ二代目を模したねんどろを連れてトルコ行くなんてステキやん!って思ったんですよ。

この時はいろいろあってけっこう急にトルコに行くことになったもんで、上記のネタを思いついてから急いでねんどろ金剛を買い求めてみたりしたんですが、まあ自分はえー歳こいたオッサンであり、またプライベートな旅行ってわけでも無かった、などなどの理由により、ほとんど金剛の画像が無い、あってもボケボケ画像しか無いことを、先にお断りしておきます・・・。

それでもよければ、まあ時間つぶしにドウゾ。

DSC01516
「それじゃあ、サクッと空港まで移動するネー!」

まずは国内移動。新幹線で成田へ。グリーンを取って、人気も少なかったので余裕あり。
まさかこの時がねんどろ撮影のピークになるとはカケラも思っていなかった模様。

DSC01519
「シンカンセンで飲む紅茶もなかなかオツなものネー!」

新幹線は多少高くても、グリーン席に座るべき。のぞみに乗らずひかりのグリーンに座ればよいのだ!
・・・すいません。どうせたまーにしかシンカンセン乗らない者の個人的意見です。

DSC01525
「Oh・・・!やっぱり富士山が見えるとテンションあがるネー!」


DSC01535
「Oh・・・!もうナリタに到着ネー!楽勝デース!」

金剛の口調ってこんなでよかっただろうか。
提督引退してかれこれ1年以上経つんで記憶ががが。


DSC01532
金剛「あれがワタシ達の乗るヒコーキなのネー!秋津島の大艇ちゃんより大きいデース!」

・・・というわけで、成田発、イスタンブール行き、片道12時間の旅へゴー。



DSC01549
「早速ですがお腹が空きまシタ・・・」


DSC01538
金剛「ビーフ or チキン ではなく、フィッシュ or チキン でシタ。」
この時はチキンにしました。


DSC01539
金剛「なかなか凝ったメニューデース。マー、狭い機内、食事だけが楽しみですからネー」


DSC01541
DSC01542
金剛「おいしかったデース。じゃあお腹も落ち着いたし映画でも・・・って、【遣る】ってなんデスカこれは-!アヤシー香りがぷんぷんデース!」


DSC01543
・・・ゲームでした。

お察しのとおり、「Play」がこうなってしまった模様です。
ちなみにゲームはしませんでした。
というのもターキッシュはけっこう快適で(後ろ、隣が空席、かつ通路側だったこともあって)、かなりの時間を寝て過ごすことができました。
ほんとはこの時、金剛をいろいろ撮ったんだけど、機内は消灯されてるし周りの乗客は気になるしで、まともな写真はほとんど撮れていなかったという。。。

DSC01544
金剛「もすかう もすかう 夢見るアンディさん おっさんですか シャアでぃすか おっほっほっほっほ Hey!」

金剛「・・・失礼シマシタ」


DSC01553
「朝食は和食デース。でも気にせず紅茶を飲みマース!」
そうこうしているうちにイスタンブールに到着。しかし今回は観光ではないので、イスタンブールは素通りしたのでした。。。

イスタンブール(空港の中)で見たもの。
パンダ?アナグマ?
金剛「アナグマでース!」

・・・いや、パンダだろうな。いろいろと間違ってる気がするが。

キティ
金剛「キティさん!キティさんデース!」

キティさんはどこにでも出没するのでした。その隣、なぜプニキではなくイーヨーなのか。


マルマラ海
金剛「Oh!これが先代も見たというマルマラ海とボスポラス海峡(左上奥の方)デスカー!」

金剛連れてきてる以上、ホントの意味での聖地はここだったわけですが、残念ながら素通り。時間も早朝で、さらに天気が悪くて残念。ほんとは金剛を窓際にセットして撮りたかったけど、隣に人が座ってたので金剛を取り出せず。物理的に狭かった・・・。


DSC01616
金剛「なんだかんだあったけど、ようやく聖地到着!ネー!」

というわけで、本当の聖地(先代の金剛が行ったイスタンブール)は素通りしたので、メルシン市の「串本通り」に行きました。ここは過去に遭難したトルコ軍艦、エルトゥールル号乗員の救難活動を行った、和歌山県串本町と姉妹都市になっている関係で、こういう名前がついています。エルトゥールル号~先代金剛~二代目金剛(のねんどろ)・・・うん。これは聖地。


DSC01620
ただ、見てのとおりこの時はスコールのような大雨で、とても外に出られる状況ではなく・・・


DSC01617
時間も遅かったうえ、金剛を取り出すこともできず・・・


DSC01619
しょうがないのでクルマの窓から数枚写真を撮って終わってしまったのでした。→なにしにきたんや・・・
ちなみに「TEKEL」はトルコのいたるところにある、酒・タバコを売ってるお店。昔は専売公社だったらしいけど、現在は民営化してるとのこと。

というわけで、「聖地巡礼」などと言いつつ、gdgdのまま金剛関連のイベントは終了・・・
一応、なんかの機会に撮影しようと、金剛は肌身離さず持っていたのですが、


ヴァルダ鉄道橋
ヴァルダ鉄道橋・・・ドイツ帝国の3B政策に絡んでドイツ人が作った石造りの鉄道橋。
ジェームズ・ボンドが落ちた橋として有名!?


鉄道橋
近くまで行ってみたら、集まってた人からお茶をごちそうになりました。何してたんだあの人ら。


ヴァルダ鉄道橋 (2)
金剛「ここからドイツ艦の故郷(ベルリン)まで鉄道で帰れるネー!」
※今つながってるのかどうかは知りません。

と、この写真を最後にねんどろ撮影はしなできなかったのでした。

せっかくなので以下はトルコの適当なお写真など。

DSC01704
サバンジュ・メルケズモスク。冒頭の金剛が見ているモスク。

DSC01724
ここはとにかくキレイなモスクでした。比較的最近のモスクで歴史は無いんですが。


DSC01782
基本的に観光する時間はなかった(ヴァルダ橋も道すがら寄っただけ)んで、このモスクを眺めるのが唯一の楽しみだったという。


DSC01723
イヴン・シーナーの像。
昔、イヴン三兄弟(旅行家のバットゥータ、医者のシーナー、歴史家のハルドゥーン)とか覚えたなーと。そもそもこの人ら兄弟でもなんでもないのに。入試という名の世界史クイズ対策で覚えただけの存在に、思わぬところで触れました。


鉄拳のポール
ダッドリー?
公園に無造作に置かれていたパンチングマシーン。
ぱっと見、鉄拳と見せかけておいて、中身はスト3要素強めの模様。


ローマの石橋
ローマ帝国時代に作られたとかなんとかの石橋。
かのローマ皇帝ハドリアヌスの命令で作られたとかなんとか。
「テルマエ・ロマエ」でとりあげてればここも聖地ってことでネタになったのに。


ローマの石橋2
ちなみに、普通に渡れます。
現在は車通行禁止だそうですが、二輪はバンバン走ってました。


クズカレシィ
クズカレシィ(乙女の城)。
海の上の城塞。お姫様を隔離してたとかなんとかいう言い伝えがあるらしいですが、なにしろ写真撮っただけなんで良くわからないのでした。キレイなところでしたけどね。


クレオパトラの門
クレオパトラの門。
なんでクレオパトラなのか・・・忘れました。
近くには聖パウロ生誕地があります。
そっちも寄れたらなー、と思って現地ドライバー(トルコ人・ムスリム)に聞いてみたら、「パウロ?知らん」と言われたのでした。

第一ボスポラス橋
帰途、空から第一ボスポラス橋が見えました。どうせなら瀬戸大橋と姉妹橋の第二のほうを撮っとけばよかったですが後の祭りです。第二も見えたんですが、なにせ見るのに必死でして。


金角湾ガラタ橋
金角湾。あのへんでトルコ名物サバサンド食べたかったなー。

ま、しかし。世界三大料理のひとつに数えられるトルコ料理は、その名に違わずおいしかったです。問題は写真撮ってないことですが・・・
DSC01707
DSC01708
これ、ホテルのバイキングですが、オリーブ・チーズの種類数は圧倒的です。あとオリーブオイルも。


パン
もちろんパンの種類も。もはや違いがわからないレベルでいろいろある。しかもうまい。
ドイツ人は見習ってちょっとおいしいパンも焼いてください。


DSC01910
スーパーの青果コーナーもやたら充実していたのが印象的でした。


飲食
あと、トルコの紅茶。チューリップ型のカップがとにかくかわいいのです。


DSC01768
あと、煮込みコーヒー?自分はコーヒー飲めないので見るだけでしたが。


・・・というわけで。
そろそろお開きです。かなりgdgdでしたが。一応ネタ用に撮った画像なので供養してみました。

以前のようなペースは到底無理ですが、インスタやらついったにあげた画像をまとめて、ここで供養してみる、かもしれません。

というわけで、今回はこのへんで。
ではでは。