001
「一匹と一人で『北斎』だ。おれ一人では只の娘サ。」


今回は「フェイト/グランドオーダー」からフォーリナー/葛飾北斎です。
自分、FGO未プレイ勢でして、できるだけこの界隈には触れないように触れないようにしてきたつもりなんですが、当然ながら他のFate作品とキャラはかぶるしアニメ化はされるしマンガでわかるFGOはかかさず読んでいるしと、なんやかんやあって、このねんどろは予約開始と同時に予約しましたね。

ところでフォーリナーって、何・・・?

といったところで、続きをどうぞ。


002
ねんどろ北斎で、いちばん目を惹くポイントは、なんといってもてんこ盛りの頭飾り。

003

004
大小合わせて6つの花飾りとおだんご一つ、そこに5本のかんざしが挿してある超豪華仕様。
当然、頭部のボリュームは増えているけれども、全体のバランス崩れないのほんとすごい。
花飾り以外にも、つぼみ?の髪飾りも各所に付けている。

ごてごてしたのはあんまり好きではないんだけど、これは素直に、とてもかわいいと思う。

005

髪飾りに目が行くんだけど、着物のほうも細かく作ってある。
あえて元絵との違いを(無理やり)探せば、細かい波模様?が再現されてないことと、帯の正面側には模様が無いことくらい?
いずれにしてもねんどろとしてはこれで充分。

0006
背中側。
これってゲーム内では見えるんですかね。旧支配者がデザインされた帯。
全然関係ないですが、ポプテピピックにはクトゥルフがしょっちゅう出てきますね。
うちのちび達はポプテピの「旧支配者だ!信仰しろ!」にウケてたけど、絶対意味わかってない。

006
「おれと父様はどこでも好きな絵が描けておまんまに困らなきゃそれでいいのサ」
※相州梅澤左(神奈川県中郡二宮町)

顔パーツは3種類。まずは「通常顔」

007
「任せな、描き尽くしてやる!」
※神奈川沖浪裏(千葉県木更津市)

オプションパーツの小筆。ととさまにも一本。

008
「何さ、よせよ!照れる…」
※青山円座松(東京都渋谷区神宮前・龍巌禅寺)

顔パーツその2「照れ顔」
かわいい。

009
「とと様は口をつぐんでておくんなし!」
※穏田の水車(東京都渋谷区神宮前)


010
「はあぁ……ますたあ殿も酷だね
※深川万年橋下(東京都江東区清澄二丁目)

この顔パーツ、横からの表情がすごく良い。少し開いた口がなんともいえず良いですね。 

011
「ますたあ殿、ちょいと顔を出してみないかい?
※甲州伊沢暁(山梨県笛吹市)

右腕、指さしパーツ。

012
「ジメジメ辛気臭いのはご勘弁サ。縁起が悪くていけねぇよ。なぁ、とと様」
※御厩河岸より両国橋夕陽見(東京都墨田区本所一丁目)

仕方ないことではあるけど、足の可動範囲はほぼゼロ。一応、腰が回るのと、足の角度は変えられる。
だからなんだ、と言われるとなんとも、ですけど。
とにかくかわいいのでなんでも許す。

013
「ウチのとと様は墨の擦り過ぎでこんなタコ坊主になっちまったんか?」
※武州玉川(東京都府中市)

表情パーツ「驚き顔」、オプションパーツ「墨パーツ」
墨パーツはクリア素材でできているので、半透明で質感あり。

014
「クラス覚えるのめんどくさいからセイバーになれ」
「・・・黒歴史を掘り返すのはよしとくれ!」

※東海道金谷ノ不二(静岡県島田市東町)

無茶ぶり。
同じ英霊の別クラスってどういう位置づけになっているんだろう?
そこまで調べる気力は無かった。

015
「たまにな、時たまの気まぐれだが、とと様とは違う筆と硯で、俺自身の絵を描いてみようかって欲も出るのサ。」
※相州七里浜(神奈川県鎌倉市稲村ケ崎)

016
「合点承知の助サ!」

次のアニメ、サーヴァントは誰がでるんですかね。
ゲームやってる人はわかるってやつなんですよね、たぶん。

017
「琉球国、か。こりゃあ聞くと見るとじゃ大違いだな」
※北斎は中国の本を見て「琉球八景」を描いたことがある。が、沖縄に来たことはない。

018
「今度は俺自身の琉球を描きてえなあ!」


おしまい。

ねんどろ北斎さん、期待どおりのいいねんどろです。
着物ねんどろということで可動範囲はやや制限されるものの、ツボを押さえた表情とオプションパーツで十二分に遊べます。
ただ頭が重いこともあって立たせにくいことと、着物の模様が繊細で傷がついたらたいへんなので、外で持ち歩くのには向いてなさげ(持ち出したけど)。

ねんどろ北斎持って36景巡りとか面白そうではあるけどな。


〇リンク先更新情報〇
【ふぃぎゅる!】


【Asahiwa.jp】

今更ですけど肩、大丈夫ですか。。。鍼灸とかでなんとかならないのかしらん。

【おもちゃの巣】


【トロと日常。】


【徒然の度合い】



今回、いいねんどろの写真を撮るのは楽しい、ってことを再確認しましたね。
ではではまた!