トップ



4/26現在、amazonで予約していた、ねんどろさやかちゃんの状況・・・
「未発送」 ・・・お届け予定日がわかり次第別途Eメールにて(ry 

絶望した!! 

さやかちゃんの出荷数を絞ったグッスマと、konozamaを予見できなかった自分自身に

絶望した!! 

というわけで、以下続きからどうぞ。 
はこ1はこ2

今回は ねんどろいど 糸色 望 のご紹介です。
登場作品は「週刊少年マガジン」に連載中の漫画「さよなら絶望先生」より。
残念なことに、すでに完結へのカウントダウンが始まっています。
2007~2009年にかけて3度アニメ化、さらにOVA化もされている人気作品です。
アニ(ry
ねんどろいどとしての発売は、2009年3月。


なかみ
中身。
・・・やっぱりアレですよ。の存在感。 
さすがに「O吊り用」だとモロなので、「身長伸ばし用」の紐ということになってます。
原作第一話にて、 風浦 可符荷(ふうら かふか(P.N)) が、桜の木にぶら下がっていた糸色にとどめを刺しそこなった後、発したセリフが元ネタです。 

せのばし2
パッケージのベロがいきなりコレですよ。
ねんどろ化にあたって、グッスマが紐にかけた情熱が伝わってきます。



せのばし1
説明にあるとおり、頭に孔あけて、わざわざ専用パーツまでつけてあります。 



せのばし
グッスマの説明どおりに紐をセットすると正面限定になるんで、試しに普通に吊ってみました。
これは・・・予想以上に嫌な感じの絵づらなんで小さくしてます。
興味があればクリックで拡大もできますけど。
これ、あくまで背を伸ばしているだけなんですよ

ていうか、普通の紹介前に吊ってる絵が出てくるのってどうよ;

通常顔
閑話休題・・・

まずは通常顔+持ち物。
出席簿と、旅立ちパック付き左手。
出席簿は文字のプリントがないシンプルなもの。
スクールライフセットに付属してる出席簿のほうが出来は良いです。大きさもほぼ同じですし。
望が常日頃持ち歩いている旅立ちパックは、残念ながら手から離すことは不可ですが、とても似合う良い小物です。
中身が再現されてたらなおよかったけど、そこまで求めるのは酷ですね。


めそらし
次に 焦り顔。
事あるごとに目をそむけて生きてきた結果、伏し目がちになり、さらに見ないことに関してはプロという、よくわからない特技を身に付けているがゆえの表情。

それはともかく。デキは見ての通り。表情のチョイスもキャラの特徴を捉えていてとても良いです。 


絶望顔
そして絶望顔。
これもなくてはならない表情。顔パーツのデキは3つとも文句ないです。

その他、メガネは暁美ほむらのものと仕組みは基本的に一緒。だけどほむほむの赤縁メガネとの互換性はナシ。 無理矢理つければ付かないことないだろうけど、壊れると思う。メガネは当然、外すことも可能。
あと、ぱんつは白のブリーフ。 究極にどうでもいい情報だけど。

以下、ネタ的な。

絶望マミ



絶望さや




絶望びん
とりあえず絶望するだけでも、なんとなく絵になるような気が・・・
まー、楽で良い。そのうえ考えるのも楽しいし。



和服
和服キャラなので、同じく和服の湯音と並べるとピッタリきます。




記念さつえい
「写真撮るよ~」 

ガチャ 「大人の科学~世界の発明品コレクション~」より、ダゲレオタイプカメラ。 


和トリオ
手持ちの和装キャラ集合。 
湯音・糸色望・びんちょうタン。



エンド
おしまい。

というわけで、 ねんどろいど 糸色 望  でした。


絶望先生。ネタキャラとしてもファンアイテムとしても、かなり良い出来だと思います。
キャラに興味がなくても、 ちょっと他にないタイプの服装だし 、いわゆる「身体目当て」で欲しいって人もいる気がします。
注意する点は、表情パーツの形状がすこし特殊なので、他のねんどろとの互換性がほぼ無い、って点でしょうか。ミカタンブログの記事でとりあげられていた互換表でも、「無理して装着可」が数種類、という結果となっています。
まあ、表情互換がなくてもすげ替えは自由ですから。遊び甲斐のあるねんどろであることに変わりはないと思います。

というわけで今回はこのへんで。
ねんどろさやかを取り上げられるのはいつになるかな~?

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ 
よろしければ、ワンクリックお願いします!