01
古い本と埃の香りがする狭い部室で、遠子先輩はパイプ椅子の上に、ちょこんと体育座りしていた。 
制服のひだスカートの奥が、見えそうで見えなくて、けどやっぱりちょっと足を動かしたら見えてしまいそうな、お行儀の悪い格好だ。
 



なんとか更新できました。
またまた、また、「ねんどろいど」でございます。
もはや「ねんどろブログ」と化しているような気も・・・いえ、ねんどろ以外も買ってはあるんですけど、たまたま巡り合わせ的にこうなってます。
次回はfigmaを取り上げよう、と思ってたら、Amazonからkonazamaしてたねんどろさやかが届く様子。

・・・また、次回もねんどろだなぁ。

といったところで、時間があれば続きもお付き合いくださいませ。
0203
というわけで今回は ねんどろいど 天野遠子 で遊びます。 
遠子先輩キマシタわぁ~・・・って、2010年10月発売のねんどろなんですけどね。
登場作品はライトノベル「“文学少女”シリーズ」を原作とした、劇場版アニメ「劇場版“文学少女”」から。
せとたま的には珍しく?アニメは全部見ましたが原作に当たってません。ひどい積読・・・
例によって、詳細はウィキペディア等で調べてください。

前回は「びんちょうタン」、今回は「“文学少女”」って、まったく繋がりが無い感じですが、ちょこっとだけ、共通するところがあったりします。
実は、両作品のOP主題歌は同じ音楽ユニット(CooRie)が歌ってます。OP主題歌はアニメの雰囲気と大いに関係あると思うので、取り上げてみました。
※「劇場版“文学少女”」はまた主題歌が別です。

ついでですので、ファンから評価の高かった「びんちょうタン」OP主題歌「いろは」と、「“文学少女”メモワール」OP主題歌「夢想庭園」を貼っておきます。こういうふわっとした、透明感のある歌もいいものです。




04
箱を開けると、中身はこのように。
付属品は多いほうで、結構ボリュームあります。
・・・なんでここまでしてシュールストレミング缶付けたかったのかな。
遊べるけど。


05
「私は2年8組天野遠子。ご覧のとおりの“文学少女”よ。」

ご覧のとおりですかそうですか。
“文学少女”は主人公「井上心葉」(♂)が「シンと輝く真っ白な木蓮の下で」遠子先輩に出会ってしまったところから物語が動き始めます。・・・ま、ニワカ語りはボロが出るので、作品については以後触れないでおきます。

ねんどろディフォルメが良く効いていてかわいらしい。確かに黙っていれば可憐な文学少女。


0607
0809
いつもの感じで。
ミクほどの安定感はないですが、おさげパワーで台座無しで立たせることも可能です。



10
表情紹介。まずは「おやつ顔」。




11
その名のとおり、おやつを食べる遠子先輩を再現。
「おいしい」物語を食べて幸せ~なお姿。
『私はこの世のありとあらゆる物語を、食べてしまうほど深く激しく愛している、ごくごく普通の可憐な高校生で、ただの“文学少女”よ』
とは本人談。 
本来はパイプ椅子に座るんですが・・・ここは雰囲気優先ってことなんでしょう。


12
脱いだ上履きも。



13
上から見ると立てひざでもちあがったスカートの処理が秀逸。
破り取ったページは付属のシールで再現。
・・・ですが、貧乏症により付属のシールを使いたくなかったので、市販のラベル印刷用紙を切って使いました。 


14
下のほうも気になりますよねー。
制服のひだスカートの奥が・・・この角度だと見えちゃってます。



15
あ、すみません・・・失礼しました。
※表情パーツは「南千秋」のもの。本当はここで逢坂大河の「ジト目」を使いたかった。けど大河持ってない;



16
つづいて 「魚人顔」。
なんで魚人?かと言うと。



17
こーなるからです!
「這い寄れ!ニャル子さん」で、一躍知名度の上がった?クトゥルフ神話作品のひとつを食べて、「深きものども」に変化した遠子先輩。
ちなみに、 「劇場版“文学少女”」にこんなシーンありません。
詳細はミカタンブログの過去ログ参照です。


18
『“文学少女” 今日のおやつ~初恋~』より、タバスコ味の物語に苦しむ遠子先輩。



19
「深きものども」に戻ります。
缶からは何やら怪しい生物が発生。自分が変化するだけじゃないのか。



21
 頭にはエラだかヒレだかのパーツがついて、完全に半魚人化してます。 
手にはクトゥルフ神話作品。
缶切りで切られたフタもつきます。
しかしなんで「深きものども」なんでしょうね。他にもいろいろありそうですが。


22
すげ替え。
まりたんは違和感ない、っていうか、そのままで充分通用します。



23
湯音顔。
ちょっとかわいい半魚人。


24
「タイヤキをかじると、歯ぐきから血がでませんか?」
元ネタがわかるアナタ、けっこう歳イッてますね?



25
安易に差し替えてみる。
「きっと私が、弱虫で、嘘つきだったから・・・バチが、あたっちゃったんだ」
このあと半魚人に変化する、とかね。



26
さーて。おまたせしました!

ねんどろ遠子先輩と言えば!原作をまったく知らなくても遊べちゃうアレですよね!
もちろんわかってます。


27
ドーン!

なぜかぱんつまるみえで「荒ぶる鷹のポーズ」
原作を知らずに、ねんどろ遠子先輩を求める人の実に9割が、このぱんつまるみえポーズによって購入に踏み切ったという。【2010年 民明書房刊:『人はなぜ決断したか』より。】


28
必殺!文学少女キーック!
ブンガクwww



29
ぱんつまるみえと聞いては黙っていられないな。




30
「合わせろ遠子!」「了解!ミク!」
「ダブルぱんつまるみえキーック」

・・・今回、“文学少女”でしたよね。確か。


31
ああーだめだこれだめだー、これ完全にアウトですわー



32
ああーこれヤバイこっちはもっといろんな意味でヤバイっていうかそろそろ自重しろっていうか




33
というわけで(何がだ)  ねんどろいど 天野遠子 でした。

顔は元になったアニメ作品に似ているか、と言われれば「似てない」と答えてしまいますが、豊富な付属品や表情パーツで、充分に“文学少女”してます。
文学少女とは何の関係もない謎のプレイバリューもすばらしいですし。
表情のつけかえ、ボディの流用で、いくらでも可能性の広がるすばらしいねんどろだと思います。しかも比較的最近のものなので、お安く手に入りますし(これ重要)。もし持っていなければ、おひとつオススメです!



34
それでは、今回はここまで。
また次回(たぶんさやか)も、よろしくお付き合いくださいませ!

にほんブログ村 コレクションブログ フィギュアへ  
よろしければ、ワンクリックお願いします!