骸骨剣士 救急処置をする の巻 さいご
sDSC06882
「気道確保!」

※反応がなければ、片手で傷病者のひたいをおさえながら、もう一方の手の指先を傷病者のあごの先端にあてて持ちあげるんだよ。これで気道が確保されて呼吸ができるんだよ!

sDSC06883
よくない例

※手を横から差し入れてあごを持ち上げると、逆に気道を圧迫して首絞め状態になるんだよ。
自分の首でやってみればなんとなくわかるんだよ! 

sDSC06881
「呼吸、ナシ!」

※気道を確保した状態のまま、姿勢を低くして約10秒程度、胸の上下動を見る、呼吸音を聞く、吐息を感じる等して、いつもの呼吸をしているかどうか確認するんだよ!
約10秒しても判断がつかない場合は心肺停止なんだよ!

sDSC06885
「人工呼吸!」

※心肺停止してるので口対口人工呼吸を2回するんだよ!
気道確保しつつ、鼻をふさいで息を吹き込むんだよ。一度に吹き込む息の量は、普段のひと呼吸程度だよ!
気道がふさがった状態で息を吹き込むと空気が胃に入って、胃の内容物が口に逆流するから気をつけるんだよ!
 あと・・・口をつけるのが嫌なら、人工呼吸せずに心臓マッサージしてもいいんだよ!

sDSC06886
「心臓マッサージ!」 

※ 胸骨圧迫、いわゆる心臓マッサージなんだよ!救急隊が来るまで続けるんだよ!
心臓マッサージは手の位置、押す強さ、スピードなどなど、正しくやらないと効果が無かったり、内臓を傷つけたりするから、正しいやり方を普段から調べておくと役立つかもしれないんだよ!
あと、心臓マッサージは意外と疲れるから、腕だけでなく全身を使ってやるのがコツなんだよ!



と、いうわけで 、このシリーズおしまい。
sDSC06889

救急措置に興味を持ったら、消防署が主催してる講習会なんかに参加すると、いろいろ捗るんだよ。

 最後、お約束。
ブログ主は救急救命の専門家ではありません。
このブログはあくまで「ネタ」で、記事内容の真偽については一切保障しかねます!